2018年第8回「愛は子宮を救うin長野」開催日程決定!

第8回「愛は子宮を救うin長野」2018年の日程が決まりました。

  1. 期 日:2018年9月2日(日) 10:00~16:00
  2. 会 場:長野市若里市民文化ホール
  3. 主催者:長野県細胞検査士会 会長小林 幸弘(信州大学医学部附属病院 臨床検査部)
  4. 実行委員長:中村 恵美子(JA長野厚生連 篠ノ井総合病院 臨床検査科)
  5. 渉外担当責任者:荻野 智由(長野赤十字病院 病理部)
  6. 共催:信濃毎日新聞社、長野県臨床細胞学会、長野市産婦人科医会、いのちの応援舎長野支部

子宮頸がんを知ってもらうための活動として、健康づくり事業団の検診バスの公開や子宮頸がんについてのパネル展示・顕微鏡による提示があります。
また、今年も産婦人科医・看護学校教員・学生によるディスカッションや、産婦人科医・緩和ケア認定看護師による相談コーナー、いのちの応援舎理事長 山本 文子先生による「いのちの講演」などを予定しています。
他には、長野市近隣の中高生による合唱、吹奏楽発表、チアリーディング、ジャズダンス、ネイルアート体験、マッサージなど充実した内容となっています。
お友だちやご家族で是非お越しください。大勢のお客様のご来場心よりお待ちしております。

これまでの活動も是非ご覧ください。

2018年開催イベントにご賛同いただける方へ

第8回「愛は子宮を救うin長野」は2018年9月2日(日)開催されます。
このイベントにご賛同いただける企業や個人の皆さまへ資料をUP致しました。
ご協賛・ご寄附のお願い、趣意書をお読みいただき、ご寄付をいただけたら幸いです。
子どもたちの幸せな未来のために是非ご賛同よろしくお願い致します。

ご賛同いただける方へのページへ

新年おめでとうございます。

昨年は皆様のご協力により無事に第7回「愛は子宮を救うin長野」を開催することができました。
おかげさまで長野県内だけではなく全国的にも大変注目をされる大きなイベントとなりました。

今年は第八回となりますが 9月2日(日)に昨年と同じ会場 長野市若里市民文化ホールでの開催を予定しております。

今年の活動始めは、1月7日(日)11時半から13時まで、千曲市あんずホールホワイエで新成人の皆さまへ啓発のためのティッシュ配りを致します。
皆さまにとって今年も健康で充実した年になりますように。今年もよろしくお願い致します。

愛は子宮を救うin 長野 実行委員長 中村恵美子

功労賞をいただきました

この度、当プロジェクトの実行委員長・中村 恵美子(JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院 臨床検査科)と、渉外担当責任者・西沢 政則(長野赤十字病院 病理部)が細胞検査士会創立50周年記念におきまして「功労賞」を受賞しました。

この賞を励みに、この先も子宮頸がん検診における早期発見、そして征圧を目指し活動を続けて参ります。今後ともよろしくお願いします。

細胞検査士会創立50周年記念「功労賞」受賞

第7回「愛は子宮を救うin長野」のご報告と御礼

平成29年9月3日(日)に開催された子宮頸がん予防啓発イベント第7回「愛は子宮を救うin長野 」につきまして多大なご協力をいただき感謝申し上げます。おかげさまで出演者、一般参加者 、スタッフ合わせ2000人を超える多くの方にご来場いただきました。

私たち細胞検査士は、日ごろ顕微鏡で癌細胞を発見するという第一線の現場で働いています。子宮頸がん検診の細胞検査を担当する職能団体として、今後とも技術を向上させるとともに社会に向けて受診率の向上を図る目的で啓発活動を続けてまいりたいと思います。

今後も引き続きご支援いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

平成29年10月30日

長野県細胞検査士会 会長 小林 幸弘