私たちの願い

若い女性にもみられる子宮頸がん。若い時期(20歳)から定期検診を受けることで、早期発見に繋がり、子宮頸がんに罹る人を減らすことが私たちの願いです。

4月9日は「子宮の日」。4(し)9(きゅう)で「しきゅう」の語呂合せ。

この子宮の日にあわせ、平成23年4月10日に第1回目の「愛は子宮を救うin長野」という、トーク&講演&ダンス&音楽などを楽しむイベント開催し、イベントを通じて子宮頸がんの予防啓発活動を行いました。これを機にその後も毎年開催しております。

まだまだ立ち上がったばかりの小さなイベントですが、回を重ねるごとにご賛同いただける個人、企業の方々が少しずつ増えており、イベントの役割が大きくなっていることを実感しております。

イベントには身近にいらっしゃる大切な女性たちと是非一緒にお出かけ下さい。そして、これをきっかけに子宮頸がん検診についての意識、知識を高め、ご自身、ご友人と気軽に検診を受けに行っていただきたいと思います。

そして、どうか企画内容をご理解いただき、ご支援のご協力をお願い致します。

私たちはワクチンを推奨する団体ではありません。
イラストは三才山病院就労チーム「グリーン」の皆さまによるものです。

ごあいさつ

子宮頸がん予防啓発プロジェクト「愛は子宮を救うin長野」の主催者であります長野県細胞検査士会(以下、本会)を代表いたしましてご挨拶申し上げます。細胞検査士とは、臨床検査技師の国家資格を有し、細胞の形態(顔つき)を顕微鏡で観察して「がん」やその他の病変を判定できる認定資格を与えられた医療従事者で、病院や検査センター、検診センターなどで日々「細胞」と格闘しています。

一昔前までは不治の病といわれていました「がん」ですが、近年医療の分野において様々な研究の成果として、「治る病」に変わりつつあります。勿論全てのがんが治るわけではないのですが、子宮頸がんについてはさらに「予防できるがん」として認識されていることを皆様ご存知でしょうか

幸せな未来のために子宮頸がん検診を受けよう

ご賛同いただける方を募集しています

私たちは、「愛は子宮を救う」プロジェクトを介し、多くの女性に子宮頸がんについて知ってもらい、気軽に検診を受けていただけるよう楽しい企画を計画しています。

このイベントを毎年継続的に行うことで、子宮頸がんを征圧することができると考えています。この活動は、賛同していただける皆さまのご理解と寄付金で成り立っています。

これまでご賛同いただいている方々及び各企業様におきましては、これからも引き続きご支援をお願いします。又、これからご支援・ご賛同いただける方は、お気軽にお問い合せくださいませ。

皆さまのご協力、お待ちしております。

Slider