プロジェクトについて

ABOUT US

長野県細胞検査士会が、子宮頸がん征圧の目標を掲げ、4月9日(子宮の日)に合わせて平成23年4月10日に第一回のイベント開催を機に発足しました。以来毎年1回、「愛は子宮を救う」のイベントを開催しています。

このイベントの目的は、特に若い女性たちに、子宮頸がんを知ってもらい、1人でも多くの方に検診を受けてもらうことです。

この活動は、支えてくださる個人・企業の方たちの温かな善意で成り立っています。ご協力に感謝いたします。

定期的にイベントを開催し、芸能人の方に来ていただくこともあります

代表のごあいさつ

「若い女性の方でも、気軽に婦人科を訪れて検診を受けていただけるようになることが、私たちの共通の願いです。」

長野県細胞検査士会会長 小林幸弘(信州大学医学部附属病院)
長野県細胞検査士会会長 小林幸弘
(信州大学医学部附属病院)

子宮頸がん予防啓発プロジェクト「愛は子宮を救うin長野」の主催者であります長野県細胞検査士会(以下、本会)を代表いたしましてご挨拶申し上げます。

細胞検査士とは、臨床検査技師の国家資格を有し、細胞の形態(顔つき)を顕微鏡で観察して「がん」やその他の病変を判定できる認定資格を与えられた医療従事者で、病院や検査センター、検診センターなどで日々「細胞」と格闘しています。

一昔前までは不治の病といわれていました「がん」ですが、近年医療の分野において様々な研究の成果として、「治る病」に変わりつつあります。勿論全てのがんが治るわけではないのですが、子宮頸がんについてはさらに「予防できるがん」として認識されていることを皆様ご存知でしょうか。

子宮頸がんの原因については既に解明され、ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染であることが分かっています。そしてその感染した細胞は特徴的な形態を示すことから、顕微鏡で細胞を観察する「細胞診」を行うことによってHPVによる感染細胞、あるいは子宮頸がん細胞を捉えることができるのです。すなわち、「細胞診」による子宮頸がん検診が非常に有効となっています。早期に発見できれば命は勿論、子宮を残す治療が可能となり、子供も授かることができるのです。

子宮頸がんのもう一つの特徴は、他のがんに比べ若い世代に多く、最近では特に20~30代女性で増加しています。このことより、若い時期(20歳)からの定期的な検診が推奨されます。ところが検診受診率は厚生労働省が掲げる目標の50%にはほど遠く37%台に留まり、他の先進諸国と比較して最も低い数値となっています。しかしこのことは単純に個人意識の低さのみならず、周囲を取り巻く環境にも問題があります。それらを含めて、私たちはこのプロジェクトを通じて子宮頸がんにおける検診の重要性をアピールしています。

若い女性の方でも気軽に婦人科を訪れて検診を受けていただけるようになることが私たちの共通の願いであります。そのことによって子宮頸がんになる人を減らすことができます。なぜなら子宮頸がんは原因が明確であり、検診により「予防できるがん」なのですから。検診以外の予防策としては「子宮頸がんワクチン」接種がありますが、全てのHPVのタイプに対応しているわけではないので100%の予防はできません。私たちはワクチンに関して推奨もせず否定もせず、検診が最も有効な予防手段と考えています。

このプロジェクトの中核をなすものとして毎年1回、子宮頸がん予防啓発イベント「愛は子宮を救うin長野」を開催しています。本会以外にも趣旨をご理解してくださった団体に共催、後援となっていただき、その他賛同してくださった個人の方々にも加わっていただき、実行委員会を設けて運営しております。運営費については私たちのみではなく、多くの企業、医療施設、個人の方々からの協賛のお陰により成り立っており、非常に感謝しています。この場をお借りしまして御礼申し上げます。またこのサイトをご覧の多くの方々に於かれましては、今後とも私たちの活動にご理解をいただければ幸いです。

長野県細胞検査士会 会長
(信州大学医学部附属病院)
小林 幸弘

役員一覧

当プロジェクトの役員一覧

主催者

長野県細胞検査士会

会長

小林 幸弘
信州大学医学部附属病院 臨床検査部

実行委員長
中村 恵美子
JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院 臨床検査科
渉外担当責任者
西沢 政則
長野赤十字病院 病理部

細胞検査士会役員一覧

会長
小林 幸弘
副会長
西尾 昌晃
事務局
宮坂 真木、鈴木 義孝
会計
宮坂 真木
地区幹事
  • 北信 : 大谷 里美
  • 中信 : 中嶋 智之
  • 東信 : 佐藤 憲俊
  • 南信 : 三澤 健
研究班長
竹内 和也
会計監事
渡辺 達男

「愛は子宮を救うin長野」プロジェクト事務局

JA長野厚生連南長野医療センター 篠ノ井総合病院 臨床検査課内

TEL: 026-292-2261 (担当: 中村 恵美子)

幸せな未来のために子宮頸がん検診を受けよう